今月のイベント情報(宮城県内)

どんと祭

小正月の1月14日に行われる「どんと祭」は正月飾りや神社札、御守などを焼納する正月送りの行事。人々が持ち寄ったしめ縄などを境内の御神火で燃やし、新年の無病息災や家内安全を祈願する。特に、仙台市内では大崎八幡宮の松焚祭が有名で、宮城の「どんと祭」の原型として仙台市の無形民俗文化財に指定されている。また、白鉢巻に白さらしを巻いた参拝者が御神火を目指して練り歩く「裸参り」は全国有数の規模。「含み紙」と呼ばれる紙を口にくわえ、右手に鉦、左手に提灯を持って寒風の中を歩く姿は、仙台市民にはなじみ深い風景の一つだ。